夏はぬるめの強塩泉 安田温泉「やすらぎ」

 暑い夏こそ熱い温泉ともいえますが、ぬるい温泉も気持ちいいですね。同じような記事を何度も書いていますが、お付き合い下さい。 さて、新潟市周辺でぬるめの温泉といえば出湯温泉の「華報寺共同浴場」などが思い浮かびますが、強塩泉でぬるめの温泉といえば安田温泉「やすらぎ」でしょう。かつては新発田市の「天神の湯」もぬるい強塩泉が魅力でしたが、閉館し…

続きを読むread more

久しぶりの 「加茂七谷温泉 美人の湯」

 梅雨空が続く某日、久しぶりに加茂市の「加茂七谷温泉 美人の湯」に行ってきました。 2002年11月のオープン以来の長いお付き合いであり、度重なる源泉トラブルや存続の危機など、波瀾万丈なその変遷を見届けてきました。結果として、このブログの登場回数も多くなっていますが、前回行ったのは、ハニカムサウナが導入された直後の昨年10月でしたので、…

続きを読むread more

長潟行くしかない。今月も割引中! 「スパ&ラウンジ長潟」

 新潟中央区、ビッグスワン近くにある会員制温浴施設の「スパ&ラウンジ長潟」は、魅力ある施設ながらも、会員外のビジター料金が高額なため、割引イベントがあるときだけ楽しませていただいております。 何気なく公式サイトを見てみましたら、こんなキャンペーンをやっていることが判明しました。 通常の1回利用料金(タオルなし)2200円が1650円(タ…

続きを読むread more

隠れた名湯 「越後とちお温泉 おいらこの湯」

 長岡市の栃尾地区にある日帰り温泉「越後とちお温泉 おいらこの湯」は、正式名は「高齢者センターとちお」ですが、愛称を公募してこの名前になりました。「おいらこ」とは栃尾地域の方言で「みんなの」とか「俺んち」という意味だそうです。 2012年4月30日にオープンしましたが、オープン前の施設見学会に参加させていただき、無料で入浴したのも懐かし…

続きを読むread more

さすがに入浴は・・ 知る人ぞ知る「森上温泉」

 この温泉の存在はネット上の情報から知ってはいましたが、なかなか行く機会がなく、時間だけが過ぎ去りました。 温泉の存在を知りながら、自分の目で確認しないのは歯がゆさを感じ、先日思い切って行って参りました。 長岡市の栃尾地区から山古志へと向かう県道24号線沿いにあります。途中、かつてあった大野鉱泉や荷頃鉱泉の近くを通りますので、訪問したと…

続きを読むread more

掛け流しを楽しむ 三川温泉「寿の湯」

 梅雨空が続き、ジメジメの毎日です。こんなときには、熱い温泉に入って汗を流すのが最高ですね。 ということで、今回紹介するのは、久しぶりに阿賀町の三川温泉にある日帰り入浴施設の「寿の湯」です。前回訪問したのは、昨年の10月でしたので、9か月もご無沙汰していました。 「寿の湯」は、「ホテル三川」に併設された日帰り温泉施設として、2004年1…

続きを読むread more

若者で賑わう 「極楽湯 槇尾店」

 困ったときの「極楽湯」ということで、しばしば利用している「極楽湯」ですが、その中でも家から近い「極楽湯 槇尾店」がホームグランドです。 しばしば利用していますので記事にするのを避けているのですが、しばらくぶりに記事にしたいと思います。  7月4日(木)から8月4日(日)まで、「極楽湯 女池店」では「WIND BREAKER」とのコラ…

続きを読むread more

梅雨空に紫陽花が咲く 「馬下温泉保養センター」

 梅雨の真っただ中で、鬱陶しい日々が続いています。こんな日には温泉でさっぱりしたいですね。 とういうことで、今回の温泉は五泉市の馬下温泉「馬下保養センター」です。ここは、ふるさと創生事業の一環として掘削された温泉を利用し、1993年にオープンした五泉市の保養施設です。低料金で利用できるのが魅力で、自炊での宿泊利用もできます。 東日本大震…

続きを読むread more

怪獣8号 X 極楽湯 コラボ・キャンペーン

 毎度恒例の全国「極楽湯」グループのコラボ・キャンペーンです。先回「WIND BREAKER」とのコラボ・キャンペーンを紹介しましたが、これと並行して「怪獣8号」とのコラボキャンペーンも同時開催中です。サブタイトルは「第3部隊銭湯訓練」です。 開催期間は、7月4日(木)~8月4日(日)までで、全国の「極楽湯」グループのうち16施設で開催…

続きを読むread more

今では貴重な夜間割引500円! 「さくらんど温泉」

 五泉市郊外にある「さくらんど温泉」は、手軽に利用できる公共温泉として地元の人たちを中心に親しまれています。 度々利用していて、このブログへの登場回数も多いのですが、先月の末に仕事帰りに利用してきましたので紹介させていただきます。 前回利用したのは桜が満開の4月初めでしたが、季節は移ろい、梅雨の真っただ中になりました。 阿賀野市の安田I…

続きを読むread more

WIND BREAKER X 極楽湯 コラボキャンペーン

 毎度おなじみの全国「極楽湯」グループのコラボキャンペーンですが、飽きずに今回も紹介させていただきます。 今回のコラボキャンペーンは、TVアニメの「WIND BREAKER」とのコラボで、副題は「ボウフウリンと行く! 極楽湯巡回」だそうです。 開催期間は、7月4日(木)~8月4日(日)までで、今回の参加施設は少なく、全国の「極楽湯」グル…

続きを読むread more

暑いときには強塩泉 「紫雲の郷」

 新発田市の紫雲寺記念公園内にある「紫雲の郷」は、合併前の紫雲寺町が建設し、2002年4月にオープンした公共温泉施設です。オープン前の無料体験入浴会に参加したことも懐かしい思い出です。 2005年5月に新発田市に合併した後は新発田市の施設となり、第三セクターの「紫雲寺記念館」が指定管理者として運営してきました。 しかし「紫雲寺記念館」は…

続きを読むread more

足の裏真っ黒! 岩室温泉「木のぬくもりの宿 濱松屋」

 先回「冬妻ほたる祭り」の「湯めぐりパスポート」で「めんめん亭わたや」を利用した記事を載せましたが、その日にもう1回分を利用することにして、「木のぬくもりの宿 濱松屋」に行ってきました。 電話で確認しますと、入浴可能時間は15時~20時までとのことでしたので、15時ちょうどに行きました。前回利用したのは2018年6月でしたので、6年ぶり…

続きを読むread more

眺め最高! 岩室温泉「めんめん亭わたや」

 岩室温泉では、毎年ほたるが舞うこの時期に「冬妻ほたる祭り」が開催されていますが、今年は6月22日(土)~7月7日(日)まで開催中です。 この期間中に「湯めぐりパスポート」(2回分1200円)が発売されており、参加施設は「ゆもとや」「濱松屋」「穂々-hoho-」「松屋」「わたや」「だいろの湯」の6館です。 パスポートは、参加各旅館の他に…

続きを読むread more

安さで選ぶなら 「てまりの湯」

 燕市の国上山の麓にある「道の駅 国上」の奥の高台に、日帰り温泉「てまりの湯」があり、低料金で利用できるのが魅力です。 もともとは、合併して燕市になる前の分水町と吉田町が共同で建設した温泉保養施設の「ふれあいパーク てまりの湯」であり、左隣の「国上地区農村環境改善センター」を休憩所として利用し、一体化して運営されて親しまれていました。 …

続きを読むread more