今年の〆は・・たまには昼の「花水」

 今日は12月30日。雷鳴が鳴り、雨が降ったりやんだりしています。これから雨は雪に変わり、大雪になるとの予報です。
 明日の大晦日は、大雪でどうなるのか予断を許しませんので、早目に〆の温泉を楽しむことにしました。遠出はできず、今回は新潟市秋葉区の「花水」です。

DSC_1797.JPG
 午前中は雑務をこなし、雨の中「花水」に向かいました。昨年夏以来、毎月平日夜間割引の記事を書き続けており、今月も飽きずに記事にしています。
 その反動で、昼間の利用が皆無となってしまいましたので、1年の最後くらいは昼間に利用しようと思いたちました。

DSC_1796.JPG
 いつものように、観音様にお参りし、家内安全と健康を祈願し、玄関へと向かいました。

DSC_1818.JPG
 玄関先で、検温と手の消毒をして入館します。

DSC_1816.JPG
 下足箱に靴を入れ、鍵と引き換えに受付します。

DSC_1815.JPG
 入館料は、タオルなしで800円、タオルセットは150円ですが、以前にポイントがたまってもらった入浴券がありましたので、無料で入館しました。

DSC_1482.JPG
 なお、この入浴券はタオル付ですが、来年1月11日からは、タオルが付かなくなりますので、早めの利用をお勧めします。

 お昼はまだでしたので、入浴前に食事することにして、食堂に向かいました。

DSC_1809.JPG
 久しく利用しない間に、セルフサービス式になっていたんですね。

DSC_1810.JPG
 注文窓口で注文して、呼び出しベルを受けとります。

DSC_1798.JPG
 テーブルには消毒済みと掲示されていました。

DSC_1800.JPG
 テーブル・椅子の配置が工夫され、コロナ対策は十分になされています。

 ベルが鳴り、受け取り窓口へ。今回いただいたのは、

DSC_1801.JPG
 ラーメン(700円)です。まあ、専門店ではありませんので、それなりですが、美味しくいただきました。

 腹ごしらえの後は、入浴です。

DSC_1804.JPG
 浴室はそれほどの混みようではなく、ゆったりと温泉を楽しめました。

 掛け湯をして、大浴槽に浸かりました。窓際の注湯口前が私のお気に入りの場所です。
 浴槽の温度は、いつもより高めで、私の体感で42℃以上ありそうでした。加熱源泉注湯口前ではもっと湯温は高く、温まりは良好でした。
 もっとゆっくりしたかったのですが、黙浴を忘れてしまった若者3人組がすぐ横にきましたので、退散して露天風呂に移動しました。

 露天風呂は湯温は低めで、41℃位でした。浴槽内の加熱源泉注湯口で背中あぶりをして温まりました。
 まどろんでいますと、内湯にいた若者たちが移動して来ましたので退散し、再び内湯を楽しみました。

 メディテーションバスは、温泉でありませんし、密ですので利用しませんでした。サウナは5人に制限されてはいますが、やはり密ですので利用しませんでした。

 なお、洗い場は、仕切り付で12か所あり、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーがあります。

 さて、源泉名は秋葉温泉。泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性高張性温泉)、源泉温度40.1℃、湧出量55L/分(掘削自噴)、pH 7.2(湧出地)、7.4(試験室)です。
 主な成分(イオン濃度:mg/kg、平成24年4月26日分析)は、Li 0.4、Na 4422、K 124.4、NH4 31.7、Mg 17.7、Ca 75.3、Sr 0.7、Ba 0.4、Fe(II) 0.7、F 0.5、Cl 5310、Br 25.3、I 9.4、SO4 3.3、HPO4 1.3、HCO3 3020、メタケイ酸 188.7、メタホウ酸 346.5、遊離CO2 319.7 など、ガス性除く成分総計は13578mg/kgです。
 浴槽内での成分量が10,000mg/kg程度となるよう加水・希釈されており、加温あり、循環・ろ過あり、入浴剤添加なし、殺菌消毒ありとのことです。

 加水されない生の源泉を味わいたいですが、トロトロ、ツルスベの湯は、程よい塩味で良い味してます。加水・循環されてはいますが、不満は感じません。

 次第に客が増えてきたところで、浴室を後にしました。

 湯上がりには、いつものヒーリングルームで休息し、この原稿を書きました。タイミング良く椅子が空いていて良かったです。

DSC_1805.JPG
 広間に行ってみますと、家族連れで賑わっていて、かなりの混雑でした。給茶器で冷茶をいただき、のどを潤しました。

DSC_1806.JPG
 館内は休憩場所がいろいろあるのですが、どこも混雑していました。

DSC_1807.JPG
 仮眠室をのぞいてみたのですが、皆さん壁際で休んでおられ、入り込める場所はありませんでした。部屋の中央は空いているのですが、そこに寝転ぶ度胸はありません。

DSC_1812.JPG
 館内は明るく、廊下にある鉢植えの花がきれいでした。

DSC_1813.JPG
 次々と入館者が来られ、館内は混雑してきましたので、売店を少しのぞいて退館しました。

 外に出ますと小雨が降っており、車まで駆け足しました。これから雪になるものと思いますが、大雪にならないことを祈ります。

この記事へのトラックバック